産業看護師とは一般企業で働く看護師を指します。
看護師と聞くと病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室などを設置している企業もあって、そこで仕事をしている人もいます。
仕事の中身、役割といったことは働く会社により、様々ですが、従業員の健康維持と健康管理はどの企業でも行う仕事と思ってください。
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは多くなってきているのです。
それに、大手の会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しています。
このような事例の場合は、その企業の社員として入社するといったこともあるでしょう。
看護師の転職しようとする動機としては、人間関係のこじれという人がかなりの数います。
女の人が大半を占める職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。
その時、パワハラやイジメが転職しようと考える理由という人も存在します。
大変な環境を耐えて働いてしまうと、健康を損ないますから、すぐに転職した方が良いでしょう。
他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが応募理由です。
どういう訳でその勤務場を選んだのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはそれほどシンプルなものではありません。
高収入、休暇が多いといった待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、やりがいを求めているような応募理由のほうが通過しやすいようです。
高校進学の際に進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。
ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変えることは難しいです。
それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、短い準備期間のために試験に向けた勉強や実習が不足するために試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。
よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。
更に、3ヶ月は利用してじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。
気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、再びやめることになる場合もあるので、自分の希望に合う仕事をしっかりと見つけるようにしましょう。
そのためには、自分の希望をハッキリとさせておきましょう。
看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。
面接担当者に嫌われると、看護スタッフが足りない状況にも関わらず残念ながら採用を見送られることもあるのです。
雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことライバルがその分多数いると考えて、ベストの状態で臨めるよう十分備えて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。
TPOに配慮した品のある服を選んで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
病院における看護師の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、過労になる人が多いのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。
看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を明らかにしておきましょう。
夜間に働くのは避けたい、充分な休みが欲しい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、個人個人で仕事への要望は異なります。
看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、条件のそぐわない勤務先で頑張り続けることはありません。
産業看護師は働く人の健康のために保健について指導したり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのは難しいでしょう。
興味のある方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。
転職サイトなら産業看護師の求人も多数紹介されています。
村上春樹風に語る女性向けマネーセミナー